革と響きが生みだすチカラ
dubmagic
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モヤモヤをブッ飛ばせ!!!
2009年02月25日 (水) 06:45 * 編集
やらなくちゃいけない事は山ほどある。

プレッシャーも容赦なくかかる。


そんな時に限って余計な事を思いつく。


この仕事を始める前に、何も知らない中作ったチェアカバー。


色んな実験に使ったりもした。


様々な洗剤を試したり、オイルを入れたり。


モヤモヤを吹き飛ばす為に、一心不乱に塗りたくれ!!

3:00
4121.jpg


4123.jpg


4124.jpg



4125.jpg


4126.jpg

6:43 静かなる爆発。とりあえず終了。 
スポンサーサイト
絵を描いた。
2007年09月17日 (月) 04:33 * 編集
kosei.jpg


数年ぶりに絵を描いた。

昨日の夜に読んだ本の影響かもしれない。

「今日(こんにち)の芸術 」岡本太郎。

さっきまで別の本を読んでいたんだけど、いてもたってもいられないくって
昨年買ってそのままになっていたキャンバスに描いた。

最初描こうと思っているものは違うものだった。

でも、知らず知らずのうちに上手く描こうとしてる自分に気がついた。

自然に手が動いたのはこのモチーフだった。

5年以上前、3m×1.5mの白い布に墨で思いっきり描いた絵もこんな絵だった。

「スーッ」という気持ちで無理なく描けるんです。


これで良いんだと思う。


絵ってスキャナーを通すと平べったくて冷たい感じになっちゃうことにも気がつきました。


Lether Stencil Graffiti:Stevie
2006年04月18日 (火) 03:38 * 編集



ご無沙汰しております!
今まで仕事がちょっと忙しかったんですが、一区切りついたので
たまには趣味の時間をとってみました。

この間見つけて、やってみたいなーと思っていたのがステンシル
グラフィティです。

初めてやってみたんですが、いきなりマルチレイヤー(多色刷り)
に挑戦してみました。

モデルは70's Mr.Stevieです。

うーん、難しいけど面白いですよ!
うちらしく、ヌメ革の端っこの部分を使ってやってみました。
背景の色が段々と変わっていった時の経過も楽しめるかな?
なんて思っています。

ここに革ならではの加工をしたいと思っています。

このステンシルグラフィティには凄い可能性を感じるんですよねぇー。
まだまだ改善点は多いですが、いろいろとやってみたいです。

エッシャーの世界
2005年05月31日 (火) 00:40 * 編集
「エッシャーのだまし絵」って聞いた事ありますよね?
こういうの、好きです。
一番有名なのは、この「Water Fall」ですかね。
全体的に見ると自然なんだけど、よく見ると水が上がっています。
不思議な世界ですよね。

e_2.jpg




彼の公式サイトを見たら、いろいろと面白い絵をたくさん描いてるんですね。
だまし絵ばかりではなく、その時代と住んでいた場所で結構作風が違いますね。
でも、匂いは同じ感じがします。

E_1.jpg



これなんか、とても好きです。
テクスチャーみたいなんだけど、段々と形を変えていきます。
でも、全体を見たら調和がとれていて、自然なんですよね。

この人、陰影のマジシャンですよね!

白が黒になり、知らないうちに黒が白になる・・・。

とても不思議な世界です。
この発想が凄いです!

他の絵を見ても、空間の表現が上手いですよねー。
どんどん引き込まれます。
他にもいろいろあるので、気になった方は見てみて下さいね。

http://www.mcescher.com/
(ギャラリーのところに作品がたくさんあります)


人間はパターン化されたものやシンメトリーな物を見ると安心するみたいです。

でも、それって精神的には退屈な(マイナスな)印象だったりします。


マイナスのどこかにアクセント(プラス)を入れると、それがとても魅力的に
映ります。

それが「ギャップ」なのかな?
好きか嫌いかは別にしてね。

モノグラムパターンにパンダを描いたりサクランボ描いたり・・・。


いつも無愛想な人が見せる笑顔だったり・・・・。


マイナスがプラスになる時ってターボがかかりますね!


恋愛もそうじゃないですか?

女性って、よく「どこか危険な香りのする人が好き?」って言うじゃないですか。

優しい人が好きだけど、優しいだけじゃイヤ!
でも、いつも優しくないのはもっとイヤ!

優しい事は単体だとプラスだけど、ずっとそれが続くとマイナスに。

優しくないのは単体だとマイナスだけど、単調なプラスの中に入ると
マイナスもプラスに見えます。

この手法って、色々な所で使われていますよ!

悪用厳禁な禁断の方法です。
悪徳商法なんて、みんなこれ。
私も去年、これに近い感じでマンマと・・・・。

恋愛の話に戻りますが、それが意図してではなく自然に出来る人って、
魅力的な人なんでしょうね。
今日はアートな話が恋愛論になりました(笑)

これもエッシャーの手法?
2次元が3次元に見えるアート
2005年05月17日 (火) 00:54 * 編集
blair.jpg




いつも通っている歩道に、こんな光景が突然目の前に現れたらビックリ
しちゃいますよね!

見る角度によって、あたかもそこにあるような錯覚を起こしてしまいます。

「ありえなーい!!」

これ、「pavement drawings」と言うんだそうです。

パステルクレヨンで描かれてるんですよ。

リアルですよね!

石畳の色や質感を同じ色合いで表現する事によって、一体感を出している
んでしょうね。

coke.jpg



これなんか、うっすらとガラス瓶の影が映っているとこなんか、心憎い演出です。

左側にいる作者の人(Julianさん)なんか、栓抜き持ってます(笑)

他にも面白い作品があるので、見てみて下さいね!


http://Julian Beever's pavement drawings


もっと芸術的な作品がお好みの方は、イタリアのこちらをどうそ!
これなんか、道に描くのはもったいないくらいですよ!


http://www.kurtwenner.com/street/

* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。