革と響きが生みだすチカラ
dubmagic
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蔦屋書店代官山店より製作発送致します。
2012年12月31日 (月) 12:47 * 編集
daikanyama

12月21日より1月6日まで東京の蔦屋書店代官山店 GARDEN GALLERYにてiPhone,iPadレザージャケットの
実演販売を行なっております。

期間中、オンラインショップにてご注文頂いた商品で代官山に素材がある場合は通常納期にて製作発送しております。
発送の都合上、御支払方法は銀行振込かコンビニ後払いで宅急便コレクトはお使いいただけません。
発送方法は発払いか、メール便、速達メール便がお使いいただけます。

ご用意できる素材は
iPhone5
CHEVRE オレンジ、BLEU AZTEQUE,ETOUPE,GOLD(ジャケットのみ)BLANC
チェルケスBLUE
ドイツシュリンク ブルージーン、RED
ノブレッサ BLACK ライトグリーン(再入荷)、ブルージーン(再入荷)
ヴィンテージコニャック(再入荷)
ブッテーロワイン
PINK

iPadスマートレザージャケット
ヴィンテージコニャック、ノブレッサWHITE,ライトグリーン、ブルージーン

iPadminiスマートレザージャケット(新発売)
ノブレッサライトグリーン、ブルージーン、ヴィンテージコニャック、オレンジキャメル、コロンビア

以上、よろしくお願い申しあげます。

スポンサーサイト
iPhone5レザージャケット&レザーバンパー開発過程報告。
2012年10月24日 (水) 17:44 * 編集
iPhone5が発売開始してから1ヶ月が経ち、ようやくiPhone5レザージャケット&レザーバンパーのデザイン、設計が完了し、抜き型を正式に発注しました。
本当は10月中旬に発売予定で開発を進めていたんですが、途中でどうしても納得がいかない部分があり、その課題を乗り越えるのに試行錯誤しておりました。
以前から私が作るレザージャケットやレザーバンパーをご愛用頂き、iPhone5でも発売を待って頂いていたお客様には大変申し訳なく思っております。

たくさんのお客様よりお問い合せやご希望など、たくさんのメールを頂戴しておりましたが、発売の目処がたっていなかったためご返信できませんでした。
遅くなり申し訳ございませんが、これからご返信差し上げたいと思っております。
新しいレザージャケット&レザーバンパーは約2週間位で抜き型が完成予定ですので、届き次第撮影見本を作り、撮影webページ製作を経て発売となります。
発売は11月中旬までには開始したいと思っております。
レザージャケットを開発していた過程を皆様にご報告したいと思います。

設計開始
ジャケットの開発は実機ベースに図面を作り最初は紙ベースで合わせていきます。
液晶面はセンサーの位置にマーキングして、革の厚みで影になるのを念頭にラインを決めていきます。
液晶面の上下部分は通知画面のスライドがしやすいように今までよりクリアランスを大きく設けました。
位置を確認しながら修正を重ねてラインを作っていきます。
大体Ver.10〜15位は作ります。

ジャケット背面はカメラレンズ、マイク、フラッシュ部分を完全独立させてオリジナルに忠実にデザインしました。
通常のカバー類は楕円等、一体型に抜くと安全で割安ですが、この部分は手動で3点抜くことにしました。

初期バンパー

紙ベースの設計が終わると型紙に印刷し手裁断で実際の革を使いサンプルを作ります。
ここで問題になったのがレザーバンパーのスピーカー・マイク周りの処理です。
リーク画像や実機を手にした時にまずここの処理について悩みましたが、点で作っていくにはあまりにも細かく四角形で抜くことを決めていました。
抜き型で作る場合は刃と刃の間隔が1.5mm以上の間隔が必要で、レーザー加工をするとタンニンなめし革は焼けてしまい、穴と穴が接近しすぎているためクロームなめし革も硬化してしまう可能性があります。
抜き型で製作可能なギリギリの数値で設計し一応納得のいく形を作りました。
量産するには安心なんですが、接着面が少なくなり剥がれるリスクが増えるのとオリジナルのフォルムは崩れてしまいます。

この形でしばらく自分で実際に使ってみたんですが、ピンと来なかったんです。
操作、機能上は全く問題ないんですが、美しくないんです…。
モヤモヤとしながら抜き型を発注する寸前で完全に止まってしまいました。
何かヒントはないかと探してみたらスティーブ・ジョブズと禅との関わりを書いた書籍があり購入して読みました。
本体と一体化し、妥協のケースではなく、より良くなるような商品とは?
この本を読んで自分が挑戦もせず最初から穴を逃がすこと前提に考えていたことに気づき思い直しました。
納得がいくまで挑戦し、どうしてもだめだと思うまでやってみよう、難しいことを量産できるようになればそれは満足度向上にも「売り」にもなると思います。

バンパー変更

ゴールがはっきりしたことで「どうしたら出来るのか?」を色々な角度から試しました。
テンプレートも抜き方も変えてやったんですがどうしても上手くいきません。
最終的には工具を改造して自分の顎を視点に垂直に1つずつ手で抜いていくことが一番精度が高いことが分かりそれをいかに量産できるようにするかを考えました。

素材が違うとハトメ抜きの入り方も違うのでいろいろな素材で試し、やっと安定して製作できる技術を身につけました。
ブッテーロオレンジの端材で手裁断サンプルを製作し、自分で使ってみて抜き型を発注しました。
型の完成までに副資材や登録など出来る準備は進めておきます。
iPhone5_1

iPhone5_2

iPhone5_3

iPhone5_4

iPhone5_5

iPhone5_6

iPhone5_7

iPhone5_8



iPad2レザージャケット サンプル
2011年07月12日 (火) 10:21 * 編集


iPad2レザージャケットのサンプルが完成しました。
多少修正が必要ですがほぼこの形で型を発注します。
画像の素材はノブレッサカーフ ブラックです。
スマートカバーを装着すると背面もスマートにカバーできると思います。

iPad2_jacket_sample2.jpg

今回のポイントはスピーカーの部分。
安易に逃げずに手作業でパンチングしています。
本体の穴を上手く間引きながら位置を合わせるのに苦労しました。
きれいなラインが表現できたと思います。
今月末までに発売予定です。
撮影と画像処理が終わりました。
2010年09月16日 (木) 06:03 * 編集
ds_purple400_1.jpg


ds_purple400_2.jpg


wax_blue400_1.jpg

wax_blue400_2.jpg

Apple純正バンパー用 iPhone4 レザージャケットの撮影、画像処理が終わりました。
後はWebページの作成だけなので今日の夜には発売したいです.
画像は新しい素材のドイツシュリンクPURPLEとワックス処理をした国産革です。
撮影機材も変わりました。前回のレザージャケットはSIGMA DP2.今回はLUMIX GF1です。
Apple純正バンパー専用レザージャケットサンプル&レザーバンパーサンプル。
2010年08月25日 (水) 05:58 * 編集
bumper5.jpg
大変お待たせしております、Apple純正バンパー専用レザージャケットですが、設計が完了しました。
今回のサンプルは全て手裁断のため、仕上がりの精度が悪く見えますが、大体の目安として見て下さい。
型紙ベースではOKでした。
主な改良点は再度スリットの幅を3mmから2.5mmに、全体のシェイプも見直しました。


bumper6.jpg
黒以外の素材でも作ってみました。
ノブレッサカーフのブルージーンですが、エラーの部位を使っていますので、しわが寄った様に見えます。
サイドのパーツはない方が操作しやすいですが、2.5mmですとアイコンの移動などがちょっと大変ですが、可能でした。
後は好みの問題だと思います。
個人的に黒の場合はサイドが無くても良い気がします。


L_bumper1.jpg
そして、これは初めて画像を出します、レザーバンパーです。
現在発売しているレザージャケット対応のサイドライン保護パーツです。
こちらも非常にたくさんのリクエストを頂いておりました。

なるべく本体のラインを崩さずに全体を保護するにはこれしか無いんではないかと思います。
レザージャケットより革を薄くしています。
どこからどこまでを1つのパーツとして扱うかで非常に悩みました。
画像のサンプルは本体上部中央から分かれた2つのパーツで構成しています。
穴の形状ですが、手持ちの型を駆使して再現していますので、抜き型が完成した時は本体のパーツ形状に合わせた形になります。
ドック部分は差し込んだ時に上手く逃がす感じにしたいんですが、かなりギリギリです。

一番の問題点は、ボリュームボタンとヘッドフォン差し込み部分です。
全幅が6.2mm(今回のサンプルは6mm)で余白部分が全体で2mmしかありません。
今回は手で加減しながら打ち込んだので、何とか表現出来ていますが、抜き型の製作が難しいかも知れません。
この辺は型屋さんにデータを送り相談してみます。

サイドラインの色を変えると、かなりのアクセントになるので楽しそうです。
今回はホワイトでまとめてみました。

商品発売のスケジュールですが、今週の金曜日までに2種類とも型の発注をします。
型の製作に約10日位、その後の最終サンプル、撮影、Webページ作成を最速て行ったとして、どちらの商品も9月12日までに発売致します。
詳しいスケジュールは抜き型が到着すると目処が立ちます。
以上、お待ち頂いている方には今しばらくお時間を頂けますようお願い致します。

* Top * Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。