革と響きが生みだすチカラ
dubmagic
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
岡本太郎・・爆発の意味
2005年11月22日 (火) 05:02 * 編集
先日、不思議なことがありましたので、ちょっとご紹介しますね。

先週、10数年ぶりに図書館に行ってきました。
特に理由はなかったんですが、何となく・・・。

どんな本があるのかな?と思ってグルグルと見て回りました。
デザイン関係の本を見てたんですが、最初に手に取ったのは全然別の
所にあった「岡本太郎」の本でした。

岡本太郎と言えば「芸術は爆発だ」や「太陽の塔」で有名ですが、
「個性的なひとだなぁ」という位にしか思っていませんでした。

後で考えたら、たくさんの本がある中で、真っ先にこの本を手にとって
いたんですよね。
まるで、呼ばれていたかのように・・・。

この本を手に持ちながら他の本も物色して、計5冊借りました。

そして、岡本太郎の本をお店に帰って、真っ先に読みました。
それほど興味があった訳でもないのに。
もちろん、この本の存在は図書館で初めて知りました。

皆さん、この本は強烈ですよ。
今まで読んだ本の中で、一番インパクトがあったかも知れません。

岡本太郎 自分の中に毒を持て


読み終わって、アマゾンのレビューを見たら、やっぱり有名な本だったんですね。

あまりの衝撃で、その日に2回読んでしまいました。
全ての人に響くとは思いませんが、響く人には強烈に響きますよ。
あの、見開いた目の意味や、爆発だ!の意味も分かりました。

岡本太郎が言っていた爆発って、感情やイメージを作品にぶつけることだと
思っていましたが全然違いますよ。

今思えば、あの日に岡本太郎の本を読むのは予定されていたのかも知れません。
本の最後数ページを読んでいるときに、半年くらい連絡を取っていなかった
ネイリストの人から電話をもらい、その直後に女性2人のお客様が来店されて
お財布を3つオーダーして頂きました。

あの本に課題をもらった感じです。  ホントに不思議。

taro


もちろん、あの本は返却後に買い直します。

よく、商売の話や、生き方の話を書いてある本を読みますが、「なるほどなー」と
思っても、自分の根幹から共感する事ってなかったんですよね。
うーん、凄い本に出会っちゃったな。
もっと早くに出会いたかった気がします。


case



今日、美容師さんからオーダーを頂いていたシザーケースをお渡ししました。
個性的なデザインですね。
手書きのイラストをもらって、その後話し合いながら具体化していきました。
縁をかがるのはあまりやった事がないんですが、挑戦してみました。

革は「白ヌメ」というタンニンなめしの革です。
もっとワイルドな感じになるかと思ったんですが、意外にすっきりですね。
写真では見えないですが、ベルトには大きめのスワロを5cmおきに埋めてあります。
レゲエが好きな一回り年下の女性からのオーダーです。

昨日の深夜に本体が完成したんですが、インレイ(木を埋め込んである部分)を
裏から押してみたら・・・バリッッと裂けてしまいました。
お渡しする前で良かった・・・。

泣く泣くかがった部分を外して、インレイし直して、薄くした革で裏張りしました。
完成したらテレビで「とくダネ」やってました(笑)

オンラインショップにフルオーダーで作った商品のページを作ろうと思って
最近の商品はまだアップしてないんですが、そのうちに・・・。



スポンサーサイト
ヨドバシカメラでストラップを。
2005年11月13日 (日) 19:47 * 編集
yodobashi



先日、携帯アクセサリーを取り扱う会社からオファーを頂き、dubmagicの携帯関連商品がヨドバシカメラの一部店舗にてお求め頂けるようになります。
最初、お話を頂いたときに「ヨドバシカメラ?」と思ったんですが、ビニール袋に入れて、つり下げられるのではなくガラスショーケースでの販売ということで、やってみることにしました。

判断に困ったら「面白そうな方を選んでみる」のが良さそうなので♪

全ての店舗にガラスショーケースがある訳ではないので、「とりあえず大型店で様子を見ながらやってみましょう」ということで初回納品分を納品しました。

多分、最近ディズニーランドより集客してる秋葉原のお店に入るんだと思います。
詳しい状況が分かり次第、お知らせ致します。

織り扱い商品は
・ストラップ Sweetsモデル
・ストラップ Seven seedsモデル(バイヤーさんに一番好評だったみたいです)
・ネックストラップ

以上3種類です。

「実際に手にとって質感を見たい」という方には良いかも知れませんね。
お近くの方は見てみてくださいね!

この商品は金曜日の夕方発送したんですが、その夜長野市に新しくオープンしたDj Bar FAMEのオープニングパーティーに行ってきました。

前の日ほぼ徹夜&オープニングの振舞酒で久しぶりに気持ち悪くなるほど酔ってしまいました。
最後の方でmoetのロゼが振る舞われたのに、美味しく頂けませんでした・・・。

寝不足&疲労が原因なのか、夕飯にDjの人たちと食べた串揚げがもたれたのかは分かりませんが、久しぶりにお酒に飲まれてしまいました。

これから年末に向けて飲む機会が増えそうなので、皆さんも気をつけましょうね!
レーザーターンテーブル
2005年11月10日 (木) 05:07 * 編集
leser


たまたま、レーザーターンテーブルのサイトを見つけました。

何年か前にここの会社の社長さんがテレビに出ているのを見たことがあるんですが、その時のエピソードがとても面白かったので覚えていました。

外観は一昔前のLDプレーヤーみたいですね。
でも、デジタル化していないアナログの音なんだそうです。
どんな音がするんでしょう?
聴いてみたいですね。

そう、そのテレビで見たエピソードというのが、こういう話でした。

ある日、会社にスティービーワンダーのマネージャー?(多分)から電話があり「おたくの会社で発売しているレザーターンテーブルをミスターワンダーが欲しがっている。」
との問い合わせだったらしいです。

スティービーワンダーの事をよく知らなかった社長さんは海外にも販売できる事だけを伝えたみたいですが、その関係者の人は、「普通のメーカーはミスターワンダーが使いたいと言えば、喜んで商品を無償提供する」みたいな事を言ったそうです。

もちろん社長さんは、きっちり定価でスティービーワンダーにこのターンテーブルを売ったみたいですよ。しかも2台!(笑)

もうひとつ、英国王室からもオーダーがあったらしいんですが、(これまたきっちり定価で売ったそうです)代金が振り込まれたので確認したら、何と一桁多い金額が振り込まれていたそうです。

差額分を返却しようと英国王室にその旨を伝えると「一度支払った代金を訂正することはできない」みたいなことを言われ、そのままその金額を受け取ったとも言っていました。

王室のプライドなんでしょうかね?
でも、それって税金でしょ?(笑)

このターンテーブルはピッチも変えらるみたいですよ。
でも、「針を落とす」行為自体が良かったりもするんですよね。
再生している機構が丸見えじゃないですか、ターンテーブルって。
そこが美しいなーとも思います。

黒い箱の中で、何をやっているか分からない物が多い中、貴重な存在だと思うんですよね。


http://www.laserturntable.co.jp/
Sweep Padモニター、ありがとうございました。
2005年11月09日 (水) 04:25 * 編集
新商品のレコードクリーナー「Sweep Pad」のモニターをして頂いた皆様、ご協力ありがとうございました。

現役DJの皆様から頂いたご意見、ご感想を私なりにまとめてご紹介しますね。

まずは機能面ですが、一番大事な「レコードクリーナー」としての機能ですが、
こちらは「SUEDEって、意外とホコリが取れる」というご感想が多かったです。

素材自体が柔らかいので、レコードへの傷も問題ないですね。
弾力の具合もちょうど良いとのご意見が多かったです。
革の感触も楽しんで頂けたと思います。

操作性の面で、様々なご意見を頂きました。

多かったご意見は、
・化粧品のファンデーションに付いているパッドのようにゴムでアームを付いていた方が良い。
・ケースが付いていた方が良い。

その他、非常に面白いご意見を頂きました。

Sweep padのコンセプトは「かさばらずに、パッと使える」ことに重点を置きました。
アームについては、アームだけとしての機能だけではなく、ベルクロを付け、反転させてカバーとしての機能をもたせたら?という素晴らしいアイディアを頂きましたので、デザイン、設計してみましたが、まだ納得のいく物が出来ておりません。

こちらは時期バーションにて、反映させていきたいと思います。

すぐに対応できるものとして、現在お買い求め頂いたお客様には、薄型のケースに入れてお届けしております。
オンラインショップ上でも、近日ケースの画像をアップしたいと思います。

こちらはプレミアムモデルはBLACKのアニリン革、スタンダードモデルはキャメルのケースです。

発売する時は、自分なりに色々な使い方を想定してテストするんですが、実際にお使いになるDJの方々は私が想像していたより、はるかに素晴らしいご意見を頂くことができました。
ご協力頂きましたDJの皆様、ブログでレポートして頂いた方もありがとうございます!

ブログでのレポートをご紹介します。
http://blog.livedoor.jp/altivech/
http://blog.goo.ne.jp/garden2003/d/20051103

デザイン、製作をするのは私ですが、やっぱり「使ってもらって、喜んでもらってナンボ」の世界だと思いますので、モニタリングしてもらって良かったと思います。

今後もお願いすることがあると思いますが、よろしくお願いします!
今日で3年目に入りました。
2005年11月01日 (火) 06:19 * 編集
今日から11月ですね。

実は、今日からこの仕事を始めて3年目に入りました。
もう2年!、まだ2年?早いようですが、色々なこともありました。
まだ過去を振り返ってる場合じゃないんですけどね!

おかげ様でたくさんのお客様や友人に支えられて、毎日頑張らせてもらってます。
ありがとうございます!

よく、お客様に「趣味が高じて、この仕事を始めたんですか?」と聞かれます。

革は嫌いじゃないけど、特別な思い入れがあったわけでもなく、革フェチでもありま
せんでした(笑)

「自分が一生をかけて、していける仕事って何だろうなー」と考え始め、ある日仕事の
移動中に車の中で「革っていいかも」と思ったのが始まりなんですよ。

会社に勤めながら約2年勉強しましたが、土日と平日の夜にちょこっとやるくらいだった
ので、今思えば、ずいぶん無謀な挑戦だったのかも知れませんね。

ミシンなんて、この仕事をするまで、ホント縁がなかったですからね。

今思えば、変に革好きじゃなかったから、かえって良かったのかも・・と思っています。

この話は長くなりがちなので、この辺で(笑)

初心を忘れることなく、これからもお客様に喜んで頂けるような商品を作っていきたい
ですね!

昨日から、オンラインショップのトップページを作り替えています。
今は写真撮影、加工、ページの製作も全部自分でやっているんですが、なかなか思うように行かないもんですね。

とても一晩じゃ終わりそうもないので、ちょっとずつ工事していきます。

ショップとして、ただ物を売るだけじゃなくて、お客様にとって有益な情報としての
コンテンツも充実させていきたいです。

革のお手入れに関するサイトってすごく少ないんですよ。

以前、メルマガでいろいろな実験をしたりしてたんですが、それと組み合わせて、革の
ケア方法なんかも実験していけたらと思っています。

「革のお手入れ研究所」の主任研究員になろうかと・・・。
もちろん、白衣姿で登場予定ですっ!

まだ途中ですが、良かったら見てみてくださいねー。

http://www.dubmagic.jp/

* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。