革と響きが生みだすチカラ
dubmagic
Top | RSS | Admin
ご夫婦のお財布
2006年02月27日 (月) 07:34 * 編集



「お店の前を車で通るたびに気になっていた」

ということで、訪ねて来ていただいたお客様のお財布をお渡ししました。
オーダーは旦那さんがお一人で来店され、ご自分の小銭入れ+αと奥様用のお財布の
デザインと仕様も決めていかれました。

旦那さんとあれこれ相談の上、旦那さんは黒のアニリン革を使って、うちのユニットをアレンジした物を、奥様には、アニリンのキャメルで長財布を。
お二人とも外周は手縫い仕上げです。

最初、「奥様の意見を聞かなくて大丈夫なのかな?」と思っていたんですが、
昨日の午後、お子さんと3人でお見えになった時、その疑問は腫れました。
多分、プレゼントだったのかな?

お二人とも喜んで頂けた様でした。
お子さんには「おまえは後3年位したらなー」と言っていました。
そして、奥様から「これ、良かったら食べてください」とコージーコーナーのプリンを
頂きました。

うちは代金を頂いて、お財布をお作りしているのに・・・。とても嬉しかったです。

プリンを頂けたことはもちろん嬉しいですが、(最近食事制限が解除されたので)その
心遣いに感動しました。

もし自分がお店に何かを注文したとして、それを受け取りに行く時、「手土産は持って
行かないよなー」と思いました。
きっと、素晴らしい家庭ですよ。

家庭円満で心が豊かじゃなければ、そんなこと思わないはずですからね。

私もそういうことが自然に出来るようになりたいもんです。
プリン、ご馳走様でした♪

ちょっとPR

うちのHPを久し振りに更新しました。
スワロフスキーを埋め込んだストラップのパステルカラーバージョンをアップしました。

ホワイトデーが近いですからね。
雑貨系も間に合えばアップします。
男性の皆様、よろしくお願いします。

リンクも若干更新しました。

http://www.dubmagic.jp
seven_seeds.jpg

スワロフスキー3連ブレス
2006年02月26日 (日) 20:39 * 編集
3ren.jpg


お店にご来店頂いたお客様より、3連のブレスを作りたいとのご相談を
受けました。
「脱着が簡単なこと」が条件だったので、小さい5mmのギボシ留めをご提案
しました。
それだけでは面白くないので、アクセントとしてスワロフスキーを埋め込み
ました。

ギボシ留めをする穴とスワロフスキーを交互に配置することによって
軽いアクセントになっています。

この淡いピンクの革はクロムなめしなので、汚れにも強く、扱いやすい革
だと思います。
裏革はヌメ革のカーフで「半へり」という仕上げ方です。
ピンクの革は両端を薄く漉いて内側に折り返し、ヌメ革はそのまま張り
コバを磨いてあります。

春を感じるブレスでした♪
おじいちゃんの小銭入れ
2006年02月26日 (日) 20:26 * 編集



先日、タウンページを見たというおじいちゃんから小銭入れのオーダーを
頂きました。
「これと同じ様な物を~」ということだったので、相談の上、アニリンの
キャメルを揉んで作ってみました。
縫い目がでない感じで仕上げてるので、カワイイ感じです。

上は年期が入った今までの小銭入れです。
若返った小銭入れと共にいつまでも元気でいて欲しいですね。

おじいちゃんは、しきりに「革は良いんだよなー」とおっしゃっていました。
尺八ケース。
2006年02月22日 (水) 19:53 * 編集
オーダーで尺八ケースを作りました。
今まで、何度か尺八のケースを製作したことがあるんですが、
尺八の革ケースって、市販されてないのかな?

「尺八」って長さが1尺八寸だから尺八って言うんですね!
知らなんだー。

syakuhachi.jpg


今回のケースは尺八をそのまま入れるタイプだったんですが、自転車で
移動されると言うことで、防水仕様のウォッシャブルレザーをお勧めしました。

とても柔らかい革なので、裏張りしなくても充分尺八を保護できると思います。

最近、仕事が立て込んでいて、2日で4時間くらいしか寝てません。
あと数日こんなペースが続きそうです。
先月末に「長野市民新聞」というローカル新聞でオーダメイド特集に掲載して頂いたんですが、予想以上の反響を頂き、ビックリしています。

お財布のことで悩んでる方って多いんですね。
「長い間使い慣れたお財布と同じ物を」という方がほとんどです。
かなり複雑な仕様が多いんですが、挑戦しようと思います!

急に食べたくなるもの。
2006年02月16日 (木) 14:58 * 編集
今日、仕事をしていたら、ある物が無性に食べたくなりました。

それは・・・

みそ煮込みうどん

みそ煮込みうどんなんて、今までほとんど食べたことないのに
不思議です。

近所にうどん屋さんがあったのを思い出して、早速行ってみました。

本日定休日

えーーーっ、そんな・・。

もう、口が「みそ煮込みうどん」モードになってしまったので、食べない訳にはいきません。

その足でスーパーに立ち寄り、食材と、麺用土鍋を買って自分で作ってみました。


udon.jpg


中に入れた具は

・鶏肉少々
・白菜
・しいたけ
・舞茸
・卵
・かき揚げ
・きざみ長ネギ

こんな感じです。

だし汁の中に、どんどん入れて煮込んだだけなので、簡単ですね。
七味唐辛子を多めに入れて、ピリ辛で体も温まります。

今晩は、みそ煮込みうどん、どうですか?
もし自分の命があと3日だったら何をするか?
2006年02月15日 (水) 19:12 * 編集
昨日ご紹介したブログがとても興味深くて、過去ログからずっと読んでいました。

内容が盛りだくさんで、「気づき」があちこちにあります。

まだほんの少ししか読めていませんが、心に留まったテーマがあったのでシェアしますね。

そのテーマは「自分の人生があと3日で終わってしまうとしたら、何をするか」です。

元の記事はこちらです。


3日という設定が絶妙ですね。
1日しかなかったら、きっと衝動的な行動を取ってしまうかも知れません。

3日なら、「考えて出来る最小限度の日数」なのかも知れませんね。


あなたなら何をしますか?

私も、ふと考えてみました。


・お世話になった人全員に会うことは出来ないから、感謝の気持ちを手紙に書こうかな?

・親や兄弟には会いに行こうかな?

・どうしても作りたかった物を形にしたいな。

・部屋をきれいにしてから旅立ちたいな。

・自分を支えてくれたお客様にもお礼状を出したいな。

もう3日では足りないくらいになってます(笑)

でも、気が付きました。

ほとんどが「感謝」を伝えることなんですよね。

記事にもあった通り、ほとんどは日頃出来ていないことです。

これが「今を生きていく」ことなのかな?

毎日、自分の余命が後3日だと思えば、その瞬間を楽しみ、実感しながら過ごせる気がします。

なるほど、明日があると思うから先延ばしにしてしまうんでしょうね。
本当に明日があるなんて、誰も解らないのに・・・。
明日の朝、きちんと目が覚める保証はないのに・・。

このことを自分の中で考えた時、とてもモチベーションが上がりました。

「今、やらなきゃいけないことに最大限の力で集中する」

これが大事なんでしょうね。
何か、解った気がします。
この積み重ねが「成果」に繋がるんじゃないかな?

よーし、頑張ろう!(単純です)

でも、お腹すいた・・・。
余命3日なら好きな物をたくさん食べたいとも思います。
(食事制限中なもんで、特にそう思うのかも)
ちょっとビックリした話。
2006年02月14日 (火) 21:33 * 編集
ひょんなことから、ちょっとビックリした話がありましたので、お話しします。
とあるブログで紹介されていたPDFファイルがあったので、興味半分で
読んでみました。
実話に基づいた話で、とても反響が大きかったのでレポート形式にしたそうです。

鏡の法則
クリックするとPDFファイルがダウンロードされます。(無料です)
このファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。

読んだ感想はですね、「問題を解決する本質は他人にあるのではなく、自分の心にある」のかなぁ?という感じです。
この言葉だけ読むと何を言いたいのか解りにくいかも知れませんが、鏡の法則を読むと解ると思います。

その後、ファイルの最後にあるリンクでこの話を発信しているブログの他の話題もいくつか読んでみました。

そこで「シンクロニシティ」や「集合的無意識」についての話も興味深く読ませてもらいました。

そんな時、お店の電話が鳴りました。

相手は去年の年末にフルオーダーでお財布を作らせて頂いたお客様からで、「お財布の留め金として付いているねじ留めのコンチョが取れてしまう」ということでした。

このコンチョはジャンパードット(パチンと留まる金具です)の金具をネジで挟み込むタイプの物です。
実はこの方はこれが2度目で、先月も同じ内容のクレームがありました。

前回は同じコンチョを取り寄せ、しっかりとネジ留めしましたが、また外れてしまった訳です。

お客様も「また取れたわよ」という感じでちょっと不機嫌気味・・・。

このお財布は、両脇に付いた2つのコンチョで開閉するためにお財布を使うたびに開け閉めする訳ですね。

原因として考えられるのは、
・コンチョが根本から取れてしまったのであれば、コンチョそのものの強度不足。
・ネジ留め液で留めていますが、連続の開閉で少しずつネジが緩み、外れてしまう。

前回取れた時に入念に取り付けたので、大丈夫だと思っていましたが、取れたみたいです。
外れた際、コンチョが飛んでいってしまったそうで、どちらが原因か解らないんですが、お客様にしてみれば、普通に使っていてコンチョが取れた訳で、そんなことどっちでも良いわけですね。

ある意味、コンチョを正しく付けているので、私サイドとしてもどうにもならない問題で、新しいコンチョを取り寄せてお付けするしかないと思い、その旨をお伝えしました。

お客様はちょっとムッとした感じだったんですが、私がユーザーの立場でもきっとそうかも知れません。電話を切った後、なぜか体中がかゆくなりました。

ふと考えました。

コンチョの品質やネジ留めのリスクを軽減できない以上、いくつコンチョを取り替えても、また同じクレームを発生しかねません。

コンチョを取り替えるだけなら、ある意味簡単な話なんですが、お客様にお電話しました。
話の本質は、部品が取れる→またぁ?→不信感 だと思ったので、留め具はコンチョでなければいけないのかを訪ねました。
そうしたら、取れなければ何でも良いということでした。
ベルト等の留め方に変えることは、コンチョを取り付ける穴を空けてしまっているので難しく、ネジ留めではなく、コンチョを使わずに金具を打ち付ける本来の付け方で留めるということです。

そのまま銀色の金具で留めても良いんですが、安っぽくなってしまうので、革でその金具を革巻きして留めるのはいかがですか?と提案しました。
一応、コンチョも取り寄せますが、革巻きした金具を打ち付ける方法とコンチョの違いを見て頂き、納得して変更してもらったほうが、お客様の感じ方も違うのかな?と思います。

今度は上手くいくと良いんですが・・・。


こういうことは、仕事でなくてもあるかも知れません。
自分ではどうにも出来ないこと(最善を尽くしたこと)でも相手からクレーム言われる、または叱責される。

そんな時は、「そんな事、俺(私)に言わないでよ!」と言ってしまいたくなります。
または、「それは俺の責任じゃないよー」って。

正直、私もちょっと思ってしまいました。(反省してます)

でも、困っている人からしてみれば、それでは何の解決にもなってない訳ですよね。

ここで、別の解決策を提案できるのが本当のプロではないかと思うんです。
よりリスクを軽減させられる方法を。
直前にPDFファイルを読んでいたので、そう思えたのかも知れません。

考え方を変えれば、「プロとしての意識を強くさせてもらえるきっかけをお客様から頂いた」とも言えます。

そう思えば、クレーム言ってくださったお客様に感謝出来る様になります。

そう思えた時、体のかゆみは止まっていました。

シンクロニシティーを感じた今日のお話でした。
ここまで読んでくださった方、長い話に付き合って頂き、ありがとうございます♪

ヴァレンタインデー、終わる。
2006年02月13日 (月) 18:46 * 編集
今日で、ほとんどのヴァレンタインデー関連商品の発送、お渡しが終わりました。
今年は、何か企画をやろうと思っていたら、そのまま突入。
ご利用頂いたお客様、ありがとうございます。

フルオーダーの商品もありました。

orange_card.jpg



むら染めタンニンなめしの革を使った、柔らかい感じの名刺入れです。
贈る方のイメージがグリーンだそうで、どこかにグリーンを、ということで
カード入れの一部をグリーンで顔料ペイントしました。

私が個人的にするなら、チョコ色とかが合う気がしますが、オレンジ×グリーン
も、思ったより違和感がないですね。
フルオーダーなのでデザインはお客様ですが、スライド部分を付けるなど、
機能面も使われる方の事を思い、色々と考えていらっしゃいました。
その優しい想いが伝わると良いですね。


アトピーと本格的に戦ってみる。(脱ステロイド)
2006年02月12日 (日) 03:56 * 編集
私は、昔からアトピー性皮膚炎なんですが、最近、かなり悪化してしまいました。
アトピーは、大人になれば治ると言われていましたが、最近は大人のアトピーも
かなり増えてるようです。

私の場合、大人になってから、悪化しました。
子供の頃は、湿疹だと思って、何度か皮膚科に通うくらい。
高校卒業までは、たまーに出るくらい(年2回くらい)。

大学に行ってから悪化。
就職してからも、良い時と悪い時があったんですが、なぜか顔には出ないのが
自慢?でした。

しかーし、最近は額の辺りを中心に、顔にも出る様になってしまい、お客様
や友達に「その顔、どうしたの?」と聞かれるほどになってしまいました。
上半身は、全体にかなりヤバイ感じです。
下半身は、ひざの裏とか。

今まで皮膚科に通って、塗り薬を中心にぬってきました(ステロイド)
ある日、ネットで自分が使っているステロイドの強さが分かるサイトを見て
ビックリ!
ステロイド剤の強弱l


自分が使っていた薬って、かなり強かったんです。(上から2番目と3番目のランク)
ステロイドは、色々な副作用もあるみたいで、脱ステロイドを目指すべく
活性水素水とか飲んでいましたが、治療を目指す人は1日5リットルも飲まないと
いけないみたいです。
夏場でもそんなに飲めないのに(2リットルくらい)冬になったら・・・・・。
美味しいので、ついついコーヒーばっかり飲んでました。(水素水で)

最近、悪化して困っていたら、お客様から参考になるサイトを教えて頂きました。


アトピー性皮膚炎増加の原因

このサイトのホーム

アトピー性皮膚炎完治率99%の病院があるじゃないですかー!
土 佐 清 水 病 院

こちらの丹羽先生、かなり有名な方らしいです。
私もこれを機会にいろいろ勉強させて頂きました。

そこで、本格的にやってみようかと・・・。

アトピーは薬を塗れば治るものではないらしく、生活習慣や食生活も大事らしいです。

食べちゃダメな食品を見て唖然・・・。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第三番目として悪玉活性酸素が結合する相手役である動物性の不飽和脂肪酸の多い脂が存在します。
動物性の脂、すなわち肉・乳製品・バター・チーズできれば牛乳・ヨーグルトも禁止。
豚骨ラーメン・ピザなどは絶対厳禁です。
4
第四番目として、チョコレート・コーヒー・ココアおよび甘いお菓子を大量に食べること。
さらにもち米・オカキ類・ポテトチップス・インスタントラーメン等陳列棚において販売されている加工・保存食品で脂を表面に付着させてあるものは禁止。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お肉大好き、ラーメン大好き、甘いもの全般大好き(チョコ、生クリームは特に)
ピザ大好き、おかき類も大好き(揚げもちとか)コーヒー大好き(最近は1日4~5杯)


こりゃ、悪化するよーーー、と言うのが正直な感想ですが、これを食べられないと
思うと、かなり苦しいです。正直。

昔、日本人が食べてた食事が一番体に良い。(日本人の体質に合っている)
という話を聞いたことがありますが、まさにそれですね。

他にも、いろいろな要因でビンゴ続出です(笑)

どこまで出来るか分かりませんが、とりあえず挑戦してます。

やり始めて、3日目くらいですが、何と、額の赤みが引いてきましたよー。
因みに、昨晩の夕飯は魚介の寄せ鍋(うどん付き)でした。
コーヒーを止めて、水orルイボスティーで頑張っております。

でも差し入れでもらった、もっちりとしたイチゴ&抹茶味のミニ大福は食べました・・・・。
あと、小さい、薄ーい板チョコ3枚も食べました・・・・。





ボール型シフトノブ
2006年02月07日 (火) 12:23 * 編集
shift


先日、どうやって成形しよか悩んでいた、ボール型のシフトノブができました。
先程、お客様が受け取りにいらっしゃったのでアップしますね。

ベースになった芯はこちらです。

3ピースのパーツで作ってあります。
円形の革を球体に馴染ませたものと、長方形の革を野球のボールと同じ縫い方で
手縫い縫製しています。
糸は麻糸で、私が赤く手染めした物を使っています。

この縫い方は、縫い目が交互になっていないときれいに見えないので、縫いながら
次の目の場所を決めて、革に穴を空けていきました。

最初、あらかじめ穴を空けておいたら、段々位置が狂ってきて変な感じになっちゃ
いました。
縫い目が程よい抵抗になって、気持ち良さそうですよ。

革を球体にどうやって馴染ませていこうか色々と考えた結果、家庭で使う、ある物
がとても良い結果をもたらせてくれました。
このために木型を作ってた、凄いコストがかかっちゃいますからね。
人間、考えれば何か答えが出るモンだわーと、変に納得してしまいました。
時計のベルト:スワロ埋め込み(Tiffany)
2006年02月06日 (月) 12:03 * 編集
tiffany.jpg



フルオーダーのご依頼で製作させて頂いた、時計のベルトです。
長さや厚みなどの寸法は、今までご使用の物と同じということで、製作しました。

黒のアニリン革にスワロフスキーを上下3つずつ、計6つ埋め込みました。


tiffany_lizard.jpg


元のベルトはリザードを使っていたんですが、この仕立て方で気が付いた点が
あります。

縁の部分ですが、へり返した様に表革が巻いてあります。
薄くした革が裏までまわっていない状態なので「半へり返し」と呼ばれています。

画像でも分かると思いますが、ベルトの脱着を繰り返すことにより、縁の部分の
接着が取れて、コバから剥がれてしまっています。

まだ、完全に裏側に返してしまった方が耐久性があるのになぁーと思ってしまう
んですが、どうなんでしょう?
ライン、スタイル優先なんでしょうかね。
接合部分が接着のみという部分も多いです。

今回は「切り目」という、磨き上げる仕上げで製作したので、縁がめくれ上がる
ことはないと思います。
同じ素材を使っても、仕立て方で完成した時の印象が結構変わってしまうので、
今使っている時計のベルトはどんな仕立て方なのか、じっくり見てみるのも
良いと思いますよ。

シンプルな手帳カバー
2006年02月03日 (金) 12:33 * 編集
先日、ネット経由で御質問を頂き、千葉からわざわざお越し下さった
お客様の手帳カバーが完成しました。

t_cover



ビックリするくらいに詳しい指示書を持参して頂き、作りたい物のデザイン
がとても分かりやすかったです。

とてもシンプルな手帳カバーなんですが、ステッチのピッチを細かくして
ブラウンの糸で縫製しています。
ペン差しが背面に付いてるのも面白いですね。

ベルトなどが無い場合、最初はどうしても浮き上がった感じになるんですが
安定させる方法を見つけました。
カーフなどの柔らかい革の場合は比較的楽かも知れませんが、うちで使っている
アニリンはカッチリした感じなので、ちょっと疑問だったんですよね。

昨日、商品を受け取ったお客様からメールを頂きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本日品物のほう、到着しました。
こんなに思い描いていた物と同じもの(100%)が出来上がるとは・・。
細部にわたり、すごい綺麗につくっていただき感謝しています。
一生物として扱いたいとおもいます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こういう、ご連絡を頂けると、非常に嬉しいです!
今日も頑張ります!
スクラッチバトルに出ることになりました。
2006年02月02日 (木) 07:37 * 編集
first


明日の夜、長野にあるClub FAMEで行われるスクラッチバトルに
出る事になりました。

革の仕事をする様になってから、クラブプレイはしていませんが、スクラッチは
楽しみながら続けておりました。
最近は、フェーダーのポジションをリバースに変え(クロスフェーダーを逆に
設定することです)練習してました。

1分間のルーティンで勝負で、トラックも1分でエディットして作っていこう
かと思ってます。

お近くの方は是非!
What's this?
2006年02月01日 (水) 07:04 * 編集
wood


昨日、新たなご依頼を受けました。

これ、何に見えますか?

きれいに削り出された球体・・・。
自動車のシフトノブだそうです。
底の部分はねじ込む様に溝が切ってあります。

ここに革巻きして欲しいとのこと。
色々と話し合ったんですが、黒い革で、ステッチを利かす様にしたいとのこと。
例えば、野球のボールの様に。

うーん、球体を格好良く包むには、タンニンなめしの革で、成形しながら
作っていくのが良いとは思うんですが、ちょっと調べてみました。

車のステアリングやシフトノブを縫製するばあい、いくつかの方法があるようです。
ステッチをクロスさせたり、亀甲形にしたり、野球のボールの様に縫うのもあり
みたいです。

野球のボールって、8の字型の革を2枚使って手縫いで縫ってあります。
以前、サンプルの依頼があって、本物の抜き型をトレースして、型紙を起こし
サンプルを作ったことがあります。

baseball


この画像は、その時にトレースしたものです。
縫製する穴の数は108つあります。
金型には穴の部分も一緒にセットしてあり、型抜きすると同時に穴も空く様に
なっているんですよ。
穴の位置は完全に左右対称になってるんですが。ピッチは一定じゃないんです。
よーく見ると分かりますよ。

こういう感じにしようかなと思ったんですが、木のノブを観察してたら、きれい
に木目が走ってますよね。
木星みたい(笑)

このデザインを生かそうと思い、お客様に相談して、3ピースのパターンにする
ことになりました。

やってみないと上手く行くか分かりませんが、チャレンジしてみます。
出来るかな?


* Top *