革と響きが生みだすチカラ
dubmagic
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
約半年分の近況。
2007年03月28日 (水) 14:55 * 編集
かなりご無沙汰しておりました。
昨年の秋頃からいろいろと思うところがありまして、
活動のスタンスをかなり変更していました。
この仕事を初めて4年目になりますが、初めてストレスを感じました。
その辺のことをお話ししたいと思います。
かなり長文になりますので、お時間がある方はおつき合いください。

昨年は、少しずつ行ってきたフルオーダーのご注文が、私の予想して
以上に増えてしまい、いつしか「フルオーダーに取りかかれない病」
になってしまいました。
まあ、贅沢な悩みかも知れませんが、心が折れてしまったんですね。
かなり精神的にも不安定になりました。

今思えばきっと、増えすぎたフルオーダーを優先するあまり、自分が
作りたい商品を世の中に発表できないストレスが原因だったかも
しれません。
オンラインショップも全然更新できなかったし。

また24時間、時間を自由に使えることから、公私の区別がつきにくく
なって、自分の中にいつしか甘えが生じてきたのが分かってきたのも
ストレスの一部だったかもしれません。

そこで思い切って店舗営業を中止して、そのときに頂いていたオーダーと
オンラインショップのオーダーに集中することにしました。
それでも納期に間に合わず、一部のお客様にご迷惑をおかけしたりもしました。

また、どうしたらハングリーな気持ちになるかを自分なりに考えて、強制的に
時間を奪うことにしました。
そこで世の中に修行に出る事にしました。

開業してから3年間ほぼ無休でしたから、近所の人にも、「最近お店が
閉まってる事が多いけどどうしたの?」とか言われました。
お店の前を車で通り過ぎていく人の中には「あそこは潰れたの?」と思う
人もいたでしょう。

今まで、フルオーダーが売り上げの約半分を占めていましたから、それを
中止してしまう事は勇気がいりました。

でも、このままの状態では、「本当に上手くいかなくなるかも」という
危機感の方が強かったかも。

1日で2日分生きてるみたいです。
これって得なのか損なのか分からないけど。

今は原点に立ち返って、社会の底辺から始めてます。
もっと賢いやり方があるかもしれないけど、自分にはこのやり方があってるのかも。
その結果、今まで日々の生活に流され、ぼやけてきた焦点が再び合ってました。
最初、この仕事を始めるときに思ったのが、
「最初は自分の思い描いた形を商品にしよう。歳を重ねて自分の引き出しが
たくさん増えたらフルオーダーでお客様が思い描く理想の形を作るお手伝い
をさせていただこう。」と。

最後に本業の革の話ですが、タンニンなめしの革を中心に大幅に素材を変更します。
色々検討した結果、ヨーロッパ(主にイタリア)の革を採用しました。
知ってる方も多いと思いますがブッテーロを中心に、バケッタ製法のヴィンテージ
テイストの革やナチュラルシュリンクの革が続々と入ってきてます。
MHLVのモノグラムラインで使われてるベルギーのヴォルゲ社のヌメ革も入ってます。

最高級の素材を使う事で、自分の逃げ道を塞ぎたかったんです。
素材が持つ素晴らしい力を借りながら、お客様に長く愛していただけるような商品を作って
いきたいと思います。


最近でも人に迷惑をかけたり、悲しませたりして恥をさらしながら生きてますが、
今の自分にはこの生き方しかできないと思っています。
この仕事を一生の仕事にしようと思って始めたんですから。
いつか必ず恩返しをさせていただきたいと思ってます。

これからブログはボチボチと更新していきたいと思います。
オンラインショップは近々新商品やリニューアル商品を発売していきます。
これからもよろしくお願いします。
スポンサーサイト

* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。