革と響きが生みだすチカラ
dubmagic
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
棒ラーメンにハマる。
2008年06月25日 (水) 00:38 * 編集
bou1.jpg


昨今の小麦高で棒ラーメンが見直されてるとの記事を読んで、棒ラーメンを初めて買ってみました。
2週間前に初めて買ってからというもの、美味しくてハマってます。

棒ラーメンを作っているマルタイという会社は他のメーカーが相次いで値上げをしている中、
広告宣伝費等を削って価格を維持した結果、他のメーカーとの価格差が生じて売り上げを
伸ばしているそうです。

値上げをしてタレントを使ったテレビ宣伝を継続するのか?
経費を削って価格を維持するのか?

マルタイは「沈黙のプロモーション」をしたことになりますね。
日経MJで読んだと思うんだけど、POSデータ上は日清食品のカップヌードルは5割減という結果。

企業の規模が違うので、簡単に比較はできないですが、マルタイの判断は結果から見ても
消費者から支持されたと言って良いでしょう。

そんな企業の心意気にも感嘆して買ってみたのでした。

近所のスーパーでは数種類の棒ラーメンが置いてありましたが、前回食べてみて、麺はマルタイ
が一番美味しく感じたので、今回はマルタイのみでセレクトしてみました。


bou2.jpg
メンマ水煮450gが売っていたので、自分で味付けしてみました。
メンマをザルに入れて水洗いした後、水を良く切ります。
調味料は、
・醤油
・みりん
・XO醤
・オイスターソース
・豆鼓醤
・ごま油
をお好みで入れて、弱火で絡めました。
450gはかなり多かったかも。
ピリ辛に仕上げれば、おつまみにもなりそうです。


今日作った棒ラーメンの作り方は、袋の裏に書いてあるやり方とちょっと違います。
ご参考までに書いておきますね。

・鍋でお湯を沸かします。
・どんぶりにブリタのお水をスープの量くらい入れます。
・そのお水をマーブルコートフライパンに入れて沸騰させます。
・フライパンのお湯が沸騰したら、どんぶりに移します。(どんぶりを温めます)
・フライパンで豚肉を炒めて、ざるで水荒いしたもやしを入れ、炒めた後軽く塩、コショウを入れます。
・沸騰した鍋に棒ラーメンを投入。
・フライパンにどんぶりに入れたお湯を戻します。
・粉末のスープと調味オイルを入れてかき混ぜます。
・フライパンのスープのみをどんぶりに移します。
・「ちょっと硬めかな」というくらいで、麺上げをして、ざるで良く湯切りします。
・どんぶりに麺を入れ、フライパンに残った具材を盛りつけます。
・万能ネギ、きくらげ、メンマ、白ごまを盛りつけたら出来上がりです。

・紅ショウガや辛し高菜はお好みでどうぞ~!

bou3.jpg
スポンサーサイト
DMR様にてスリップマットの販売を開始しました
2008年06月21日 (土) 14:32 * 編集
東京、渋谷にあるレコードショップのDMR(ダンスミュージックレコード)様のオンラインショップ
にてスリップマットのお取り扱いが始まりました。

現在はオンラインショップにてテスト展開ですが、実店舗(東京、大阪)でも展開があるかも。

先週から販売をスタートして頂いていますが、おかげ様で色によっては完売の商品もあるようです。

HIP HOPのレコードを買い漁っていたとき、旧店舗(地下にあった)に何時間も入り浸った思い出
があります。
今の、きれいなお店も好きですが、前のアンダーグラウンド感漂う雰囲気も好きでした。

週1回のメールオーダーカタログを見るのも楽しみだったなぁ。
その当時はDJ HIROさんがハウスのバイヤーをされていましたね。
ちなみに、今夜上田市のクラブLOFTでDJされるので遊びにいってきます。
昨日の夕方お電話を頂きましたが、お元気そうでしたよ。
楽しみです♪

アナログレコードを扱うレコードショップがどんどん規模を縮小している今、レコードやデータ
(スクラッチライヴやtorq)DJに選んで頂けるのは嬉しいですね!

DMR

DMR アクセサリー
DJ HIRO MIXCD
2008年06月06日 (金) 17:33 * 編集
hiro_mixcd.jpg



今日の午後、optimoさんに注文してあったヒロさんのMIXCDが届きました。
今日発送分の仕事をしながら、音を聴いていました。

いやーーー、良いわー。

ヒロさん、最近お勧めのプログレッシブ トランス、もしくはディープトランスかな?
トランスと言うと、独特なビートの鳴りとシンセがあんまり好きになれなかったんだけど、
これは、良いですねぇ。

ハウスでも、トランスでも、どっちとも取れる音。
共通してるのは、タイトなビートと引っかかる音。
そこに、ドラマティックな展開。
アゲ過ぎないのも好みです。

中盤のアカペラから入る曲の入りで思わず泣きそうになりました。

仕事の勢いが1.25倍になります(自分比)
車の中で聴いても良いだろうなぁ(持ってないけど・・・)

お値段990円!
こういうシリーズを定期的に出してほしいです。はい。

optimo

* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。