革と響きが生みだすチカラ
dubmagic
Top | RSS | Admin
知らなかった!キヤノンの由来って。
2008年12月18日 (木) 22:17 * 編集
いやー、びっくり。
カメラメーカーのキヤノンの由来って、観音(かんのん)だったんだぁ。
全然、しらなかった。

キヤノン ロゴの由来


キヤノン、ロゴの変遷です。

080215_00.jpg

なんと、ロゴに観音様が!
バンドのロゴみたい。
すごくミステリアスなメーカーに感じます。


拾い物ですが、とてもエレガントな階段。
image011131.jpg
きちんと屋根の機能も兼ねてるんですね。
久しぶりにテレビを見た。
2008年12月13日 (土) 02:07 * 編集
title_center.gif


今夜、久しぶりにテレビを見ました。
うーん、3週間ぶりかな?
ネットでテレビ番組自体は、ちょこちょこ見てたんですが。

見たかったのは「僕らの音楽」です。
Mr.チルドレンの桜井さんが指定したゲストが伊集院光だったので。
特にミスチルのファンではないんですが、伊集院光のラジオ番組の大ファンなんです。

ラジオで2~3週間前にこの番組の収録について話してたのを聴いて、是非見てみたいと
思ってました。
桜井さんも伊集院光のTBSラジオの深夜番組「深夜の馬鹿力」のファンらしく、目がキラキラ
してましたね。
話の内容も結構ラジオっぽくて、面白かったです。

私が伊集院光のラジオを聴く様になって3年位になります。
きっかけはネットか何かで「伊集院光のラジオは面白い」っていうコメントを見て、どんなもんか
と思って、多分、のまねこ騒動の頃だったかな?
他のメディアがこの話題(エイベックスがらみ)をスルーする中、伊集院光の番組で叩いてた
っていう話題からだったと思います。

ほんの好奇心で聴き始めたんですが、なんだかハマっちゃって、過去の放送を探したりも
しました。
ミスチルの桜井さんも言っていましたが、言葉の表現が多才で、話の内容をイメージできる
んですよね。
さすがは落語家出身です。

最近は、トークの飛躍っぷりが面白いんですが、数年前までの体当たり的な非常識な企画
も大好きです。

彼ほど幼児期~思春期までの経験(トラウマ)を意識しながら生きてる人も珍しいんじゃないかと思います。
まぁ母親から5歳の時に「あなたヘビみたいな目をしてるね」と言われたり、クラスメイトの女の子から
「田中君(旧姓)カブトムシの匂いがするよ」って言われれば当然か。
かなり後ろ向きで、皮肉めいた話やエロねたも多いですが、その表現と、リズムで引き込まれちゃうんですよね。
好き嫌い、別れると思いますよー。かなり。


テレビを見出した流れで、その後ニュースZERO。
今年のキーワードみたいなテーマで話してた時、なぜか思った事です。
今年売れた本で、「B型の説明書」がありますが、私もB型なんですが、読んでないんですよね。
私の中では何で売れたのか不思議なんですよ。

数ヶ月前、本屋さんでたまたま見かけて、手に取ってみたんです。
ペラペラって内容を読んだら、段々、変な気持ちになって来て止めました。

なんか、「あなたはこういう人間だ」って決めつけられてるみたいで。
正直、お前に決められてくない。っておもいました。
血液型は基本的に気にしませんが、多分悪性のB型です。


こんな事を思い出しながら、最後に探偵ナイトスクープ。
最後の依頼、かなりグッときました。
社交的でサッカーで活躍する弟を持つお姉ちゃんの話。
そんな弟を羨ましく思いながら、私はダメだと自信をなくし、ふさぎ込みがちらしい。
自信を取り戻す為にサッカーでキーパーをやる弟とPK対決して勝ちたいと猛練習。

元サッカー選手の武田さん指導のもと、練習するんですが、声を出す為にシュートを打つ前に
好きな食べ物の名前を叫んでから打てと指示が・・・。

お姉ちゃん、間髪入れず「軟骨!!」

その後、一生懸命「軟骨!!」と叫んでシュートするんですが、最初は意味分からない感じでしたが
段々、その「軟骨!!」に引き込まれていく感じで面白かったです。


とりとめのない話でしたが、どこか全てに共通点があると思うんです。
最近読んだ本。
2008年12月03日 (水) 03:07 * 編集
ここ最近、あまり本を読んでいなかったんですが、数冊読みました。
まずはこれです。

machiyama.jpg
TBSラジオの「ストリーム」でおなじみ、町山智浩さんの新刊です。
かなり売れてるみたいです。
私はいつもPodCastで聴いてるんですが、いつも話が面白いです。

この本も、実際にアメリカで暮らしているせいか、どれも具体的で、また映画評論家らしく
映画に例えながら進んで行くので、とても読みやすいです。
雑誌に連載してたものだからなのかも。

結構ビックリな内容も多いです。
テレビでは報道されにくい内容にも、切り込んでいます。



kiseki_ringo.jpg
これは、昨日アマゾンのベストセラーランキングを、ぼんやり眺めてたら読んでみたくなり、
さっき、自転車で近所の本屋さんで買ってきました。

不可能と言われた無農薬、無肥料でリンゴを「農業」として育てる事に成功した木村秋則さん
を取材したNHKの番組「プロフェッショナル、仕事の流儀」からの書籍版です。
この時の番組は見てないんですが、買って良かった1冊です。

仕事を中断して読み始め、先ほど読み終わりました。

本を読んでいる時に、目で文字は追ってるんですが、頭では自分のことに置き換わり、どんどん
進んでしまうので、「あっ」と思って、戻る事も多かったです。

こういう本が、ベストセラーランキングに入ってくるのは、「時代の揺り返し」を感じます。

自然と人、そして人間を感じさせる熱い本です。

木村さんのあまりにもひたむきな生き方にフォーカスされがちですが、私が思ったのは
商売のスタンスについて。

農業ですから、その収益で利益を得なければ行けません。
無農薬、無肥料で味は相当美味しい。

こういうリンゴを育てられたとします。

では、このリンゴをいくらで売りますか?
大抵の商人は、「美味しさのプレミア感」をだして高価格で売るでしょう。
俗にいう「差別化」です。

でも、よく考えると、この差別化は消費者の方には向いてないんですよね。
他のお店との差別化なんです。
その手法は、本質を伝える意味で使われれば、まだ良いんですが、かなりトリッキーな
時もあるでしょう。

物の値段の多くは、流通コストと販売マージンが占めています。
その経路が多ければ、多い程高くなってしまうので、高くても欲しくなる様「仕掛け」を作る
訳ですね。

そこに競争が加わった時、皆、マージンは減らしたくないから、製造原価を下げようとします。
安く作って、高く売る。
ある意味、経済の基本原理かもしれませんが、ここ最近はひどい歪みを感じていました。

私が作る商品のほとんどは自分で作って自分で売る。製造直販です。
私がこの仕事を選んだのも、それが可能な職種と判断したからです。

お客様に直接販売する事により、流通コスト分を、より良い素材を使い、ちゃんとした仕事を
した上で、大量に作る価格帯に近づけることが出来るんじゃないかと。
この本を読んで、自分のやろうとしていることが間違ってないと確信出来ました。




そして、もう1冊。
jijyo.jpg
今日は2章までで止めました。
この本、内容が濃すぎて、1度に読んでも消化しきれないと思ったので。

上記の奇跡のリンゴともシンクロして来るんですが、冒頭から凄い言葉のオンパレードです。
この本は、1章ずつゆっくり、繰り返し読みたい本になりそうです。

冒頭に書いてあった格言です。


「天は自ら助くる者を助く」

~外部からの援助は人間を弱くする。自分で自分を助けようとする精神こそ、その人間を
いつまでも励まし元気づける~。

自分が困難な状況にいる場合、そのことに向き合い、悩み、考え、乗り越えてこそ、自分の
力になり、その努力を続ける事が「成功」の本質なのかと思います。


そして、この言葉は今の自分にとって、最高のメッセージだと思いました。

さて、これから私にとっての「リンゴ」と向き合います。



久しぶりのお祝い事。
2008年12月02日 (火) 01:23 * 編集
CREAMの翌日、11/29はR-loungeのメンバー、jyanji君とすずちゃんの結婚式でした。
私は2次会から参加。
こういうお祝いの席は大好きで、いつも何故か声を枯らして帰ってきます。
今回は披露宴に出ていないので、大丈夫でした。

場所は、善光寺からほど近いHIYORI CAFE。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~hiyori-cafe/

jyanji1.jpg
会場はこんな感じ。暖かな雰囲気です。

19時開始だったんですが、1時間ほど遅刻してしまいました。
それは、プレゼントを作っていて、間に合わなかったんです。

以前、jyanji君から、誕生日の時にケーキを作ってもらった事があり、結婚した時には何か
プレゼントをしたいなぁと思っていたんですが、以前、話をしていたときにトートバッグの事と
質問された事を思い出して、サンプルも兼ねて急遽作ってみました。

torto1.jpg
最初は、もっとシンプルな感じにしようかと思ったんですが、考えているうちに段々エスカレートして
こんな感じになりました。
レコードも入って、買い物にも使えるように考えてみました。
このデザインは、結構前から温めてたものです。

メインの素材は、チョコ色のアニリン仕上げの革を揉んで、オイルを入れてちょっと表面のツヤを
落とし、黒の染料をハケでランダムに仕上げてあります。
グリーンの部分は、最近入って来たドイツシュリンクのグリーン。
このグリーンは、とっても良い色合いです。
縫製糸もライトグリーンを使ってみました。チョコ×グリーンの組み合わせがお気に入りです。
手紐部分と、ボディのアクセント部分は、ブッテロのチョコです。

torto2.jpg
サイドのマチは15cm位で、ベルトで調節できます。
12インチレコードを入れる時は、ベルトを緩めれば20位は入るんじゃないかな?



torto3.jpg
裏張りは帆布です。
時間があれば、内ポケットとかも付けてあげたかったなぁ。
でも、2人にとっても喜んでもらえて良かったー。

jyanji2.jpg
いつまでもお幸せに!


CREAMに行きました。
2008年12月01日 (月) 00:30 * 編集
早いもので12月。
早くもお尻に火がついてますが、頑張っていきましょうー。

先週の金曜日、ホテル国際21で大人のパーティ、CREAMに行ってきました。
この手のパーティは普段あまり馴染みはないんですが、このパーティは友人、知人が
多く関わってるので、思い切って行ってみました。
http://www.goodnagano.com/cream/

creamdj.jpg
DJはこの人達。


cream1.jpg
会場は、たくさんの企業も参加して、華やかな感じでした。
聞いた話だと800人くらいいたのかな?

cream2.jpg
フリーフード、フリードリンクでしたが、フードのコーナーは長蛇の列が・・・。
1回しか行けなかったけど、美味しかったです。

cream3.jpg
レーザーも飛び交ってました。

cream4.jpg
中盤以降は参加してたお客さんも馴染んで来たのか、結構踊ってる人もいました。


この手のパーティは自分から楽しまないと、なんとなく終わってしまうので、どうしようか考えました。
しかも、フォーマルのドレスコード。

この仕事を始めてから、すっかりスーツっぽい服を全く着なくなったし、えーい、再度女装で!
今回は、洋服も自前です。ヴィクトリアズ シークレットで買いました。60ドル位だったかな?
USブランドなら、Lサイズで余裕です。
サンダルは、この前のをベースに、幅1cmのストラップ構造に数時間で作り替えました。


ホテルに入って、会場までが一番恥ずかしかったですが、会場には知ってる人もいたので
思いっきり楽しみました。
男性からナンパされそうになったのはご愛嬌w。

しばらくは、女装の機会はないですが、また気が向いたらやろうかな?

jyosou1.jpg


* Top *