革と響きが生みだすチカラ
dubmagic
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
超多趣味!スーパーおじいちゃんのカメラケースいろいろ
2007年06月06日 (水) 17:07 * 編集
クラシックカメラケースの修理、ケース製作などのお仕事をさせて頂きました。
細かい修理を含めて全部で10数個あったかも。
camera1.jpg

昔の革製品なので硬化してしまい、弱くなっている部分もあるので、
新しい革でパーツを作って縫製します。

camera2.jpg

これは「好きにデザインして良いよ」と言われたので・・・。
機能的な部分だけ事前に決めて、好きに作らせて頂きました。
中はSUEDE張りです。
ちょっとランドセルっぽいかも。

camera3.jpg

最後の一つが、昔のパーツを組み込みながらのケース製作です。
雰囲気をこわさない様に気をつけました。
外周は手縫いです。

ご依頼を頂いたおじいちゃん、私の父親と同じ位の年齢だそうですが、
多趣味な方で、カメラの他には帆船や凧、チェコの切手やパイプの
コレクションがあるそうです。
車の運転は引退されたので、いつもバスでお越しになってたんですが、
最後の日は夕方だったのでお宅まで来るまでお送りする事に。

もちろんコレクションも見せて頂きました。
部屋一つが全て趣味の部屋。
天井からは珍しい飛行機型の凧や模型が吊され、壁際には帆船の模型が。
クローゼットも洋服ではなく100枚以上の凧がかかってます(笑)

帆船は簡素な骨組みからは想像できない豪華な作り。
1枚ずつ板を貼って、パーツも自分で作るそうです。
実物の帆船についての本(洋書)を取り寄せたりして細かいところを
研究されるそうです。
製作に1年・・・すごいなぁ。

凧はテレビの旅番組でちょこっと映ったものまで問い合わせて
凧作家(こういう方がいらっしゃるんですね)に直接交渉して作って
頂くそうです。
一番大きな凧で数メートルありました。送料だけで数万円かかるそうな。
珍しい凧の図鑑を見せて頂きました。総カラーでお値段3万円!
凄いなぁと思ったのは、その年の干支と自分の名字を入れてある凧。
毎年製作をお願いして、コンプリートまで12年!
恐れ入りました。

チェコの切手は見ているだけで幸せになりそうな、きれいな切手。
凹版印刷なんだそうです。
ちいさな美術品ですねー。

終始「へぇー、ほぉー」の連続。
お話ししている時、とても生き生きして目がキラキラしてたのが
印象的でした。
スーパーおじいちゃん、恐るべし!
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://dubmagic.blog9.fc2.com/tb.php/113-6ff62705
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。