革と響きが生みだすチカラ
dubmagic
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あんどーなつ
2008年07月08日 (火) 01:05 * 編集
andounatsu.jpg


夜、夕飯の準備をしながらテレビをつけていたら「あんどーなつ」を偶然観た。
このドラマは、ちょうど今日から始まったみたいなんだけど、原作のマンガが大好きだったのです。

普段、マンガはほとんど読みませんが、1年ちょっと前、ネットカフェで深夜のバイトをしていた
時に読んで、とても面白かったのを覚えています。

パティシエを目指していた安藤奈津がひょんな事から和菓子の世界に触れ、和菓子職人を目指して始業していくというストーリーです。
浅草の下町風情と人情噺が程よくミックスされた感じも良いです。

私は師匠について修行した事が無いので、ちょっと憧れもあるかも。
キャスティングも原作に結構近いかもしれません。
おかみさんはイメージ通りだなぁ。

こういうほのぼのドラマって久しぶりなんじゃないかな?


全然、関係ない話ですが、最近虫歯の治療に通ってます。
歯科医に行くのは3年ぶり位なんだけど、虫歯がかなりあります。
歯の磨き方に問題がありそうで、最近研究してます。

治療の帰りに長野駅でバスを待っていたら、噴水前で小学生が鼓笛隊の演奏をしてました。
確か、「長野を良くする会」みたいなイベントの一環だったみたいだが、演奏を聴いてビックリ~!

最初は童謡だったと思うが、2曲目がなんと「Deep Purple」のSmoke on the water!!!
多分、先生の好みなんだろうかと思うけど・・・。

モンスターペアレントに対する先生のアンチテーゼと思うのは深読みか。

屈託の無い小学生がマーチングバンドとフラッグを振りながら、演奏する様子は名曲はどんな形でも引き継がれるんだなぁと感心しました。

しかし、あの前奏が聴こえて来た時は「まさか」と思ってしまいました。

シュールだ、あまりにシュールな世界にブッ飛んだ。

ギャップは心を動かすと思うが、このギャップは予想外だった。



Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://dubmagic.blog9.fc2.com/tb.php/213-21b687c3
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。