革と響きが生みだすチカラ
dubmagic
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近作ったもの(バッグ)
2009年05月28日 (木) 05:31 * 編集
今年は、バッグにも挑戦を開始しました。
この辺から、自分の中で確変が起こっています。
革の業界では、お財布とバッグが本丸と言われていますが、私にはお財布よりバッグの方が
向いているかも?と最近思い始めています。
お金にあまり縁がないのかなぁ。

個人的に直線が交差するデザインが好きです。

bag_1.jpg
こちらはお友達のjanji君にプレゼントしたトートと基本的に同じデザインですが、
内部の仕様とベルトの素材が違います。
marumaruさんから頂いたオーダーです。
ベースはアニリンのチョコで、そこに刷毛で木目調のペイントをし、加脂したり、揉んだり、
洗ったりと、ヴィンテージの加工をしています。
アナログレコードが入るトートを目指しました。

bag_2.jpg
こちらは、彼女からのオーダーで、完全お任せのレッスンバッグです。
自分の中では、修行の卒業試験のつもりで今まで習得した技術、デザインをつぎ込みました。
このバッグをきっかけに、オリジナル商品でやっていこうという決心が固まりました。

シェイプは女性らしいラインを出す為に横マチの内側にホックを付けています。
バッグ自体はかなり大きめで、今後はいくつかの大きさを出していきたいと思います。
素材はドイツシュリンクのブラックで、トラ(牛のスジ)が多い部分を使い、それを海面の
波に見立てて月からスワロフスキーの涙がこぼれ落ちるストーリーを考えました。
手紐部分はブッテロを使っています。

LESSON1.jpg
こちらのバッグは、先週作り終えたばかりで、marumaruさんのお知り合いの方からのオーダーです。
基本的に2番目のレッスンバッグと似ていますが、細かい部分で結構違います。
素材はリクエストもあり、ドイツシュリンクのライトレッドです。
ライン部分は同じドイツシュリンクのダークパープルを使っています。
ドイツシュリンクは、いつも好みの色があるとは限らないのですが、この時はタイミングがバッチリ
合いました。

5年以上、バッグの開発を堪えた甲斐があった思う程、きれいに仕上がったと思います。
Comment
・お疲れ様でした
愛用してるのも、こないだの赤のやつも、カミソリのように鋭い仕上がりですよ。一目、現物見たら、やられちゃいます!

あと。ホントにこないだの笑顔を写メに納めておきたかたな~。
2009/05/28(木) 20:29:28 * URL * marumaru #Nuc7B5tA[編集]

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://dubmagic.blog9.fc2.com/tb.php/258-79f77666
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。