革と響きが生みだすチカラ
dubmagic
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
StevieがMichaelに送った歌。
2009年07月10日 (金) 03:35 * 編集
マイケルジャクソンの追悼セレモニーでスティービーワンダーが贈った歌。
「Never Dreamed You'd Leave In Summer」は私の大好きな歌です。

渾身の思いが伝わる、心を揺さぶられる歌でした。
歌詞のyouの部分をマイケルに替え、語りかける様に歌うスティービー。

歌詞の感じから、別れの歌と言う事は分かっていましたが、改めて歌詞を読んでみると
より感慨深いものがあります。


"I Never Dreamed You'd Leave In Summer"

I never dreamed you'd leave in summer
I thought you would go then come back home
I thought the cold would leave by summer
But my quiet nights will be spent alone

You said there would be warm love in springtime
That was when you started to be cold
I never dreamed you'd leave in summer
But now I find myself all alone

You said then you'd be the life in autumn
Said you'd be the one to see the way
I never dreamed you'd leave in summer
But now I find my love has gone away

Why didn't you stay?

全世界の人々が彼が逝ってしまうなんて夢にも思わなかったでしょう。

私もそうです。

後半の曲はThey Won't Go When I Goです。





Comment
・人として
より、エンターティナーとして物心つかないうちから、マイケルは表現してたと思います。

自分もマイケルは決して死とか、愛とか似合わない人でした。

ストイックに自分のエンターティナーとして、可能性を突きつめた人だったんじゃないかな。

スティービーも、クインシーも。そんなマイケルの姿勢を感じたから。
多くは語らず、ただ、悲しいと思っているのでしょう。

俺も悲しいです。
2009/07/10(金) 23:02:30 * URL * marumaru #Nuc7B5tA[編集]
・>marumaruさん
小さい頃からスーパースターだったマイケルには、想像し難い使命を感じていたのかもしれませんね。
2009/07/11(土) 16:48:01 * URL * zuka #1pePe9AQ[編集]

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://dubmagic.blog9.fc2.com/tb.php/266-8009a4a7
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。