革と響きが生みだすチカラ
dubmagic
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MJと1分30秒の夢
2009年11月23日 (月) 21:01 * 編集
mj1123.jpg

行けるタイミングが今日しかない!
ということでマイケルジャクソンのThis is itを彼女と観てきました。
2週間位前に見に行く予定を立てたんですが、先週末の時点で、ちょっと個人的な理由でほぼ見るのは無理だろうと思っていました。

土曜の午後に事態が急展開して、今日無事に観に行くことができました。

行って良かったです。

開場の30分くらい前に行ったんですが、映画館の入り口付近で警備のおじさんが、This is it満席の看板を出そうとしています。
「えーーっ」
と小走りにカウンターまで行くと、最前列の残り4席しか残っていませんでした。
シネコンの2シアターでやっているのに凄い人気ですね。
最前列のど真ん中に陣取り、気分はアリーナ。
デンジャラスツアーの東京ドームカウントダウンに行ったときの事を思い出しました。

その時私は大学4年生で就職がペプシに決まっていました。
ツアーのスポンサーはペプシだったので、総務のお姉さんから案内の電話をもらい、アリーナの結構前の方のチケットを取ってもらい観に行きました。

さて、映画ですが本人がもし生きていれば公開されなかったであろう、リハーサルの映像が中心ですが、ドキュメンタリー好きの私としては、これはこれで良かったです。

前半のHuman Natureでもう、涙が・・・。
全体で3回くらい涙が出ました。

だって、その映像を観れば見る程、関わっていた全ての無念さが伝わって来るんです。
さぞかし残念だっただろうなぁ。
マイケルの人生最後の大イベントを一緒に出来ると思って頑張ったのに、直前で急逝してしまうなんて。
その思いたるや、計り知れないものがあったでしょう。
リハーサルの映像を観ていると、そんな思いに駆り立てられます。

全ての分野で選び抜かれたトップが最高のパフォーマンスを目指して集まり、そのスタッフの全てがマイケルと一緒の舞台で仕事をすることを「夢」として来た人達です。

マイケル自身も歌い、踊り、曲のテンポや構成を詰めていく様は、プロフェッショルの神髄を感じます。
余韻とQueのタイミングに凄くこだわりを感じました。

全体的にダンサーがフィーチャーされているんですが、ある日本人ダンサー、kento moriの話を思い出しました。
テレビでも紹介されたらしいですが、私はノーナリーブスの西寺 郷太さんの話をラジオ番組で聴いたと思います。

詳しくはここに書いてあります。
マイケルとマドンナが奪いあったスーパー日本人ダンサー

マイケルのバックダンサーになる事を事を夢見て渡米し、マドンナのダンサーに。
そして、This is itツアーのオーディションをマドンナとの契約中に受け、見事マイケルから1番のお気に入りを勝ち取るも、マドンナが首を縦に振らない。
直接、マイケルがマドンナに電話をして説得したそうです。
その後、マイケルが急逝し、マドンナのツアーでマイケルジャクソンのトリビュートコーナーでマイケル役に抜擢されます。

その時間1分30秒。

その時、マドンナはKentoにこう言ったそうです。


1分30秒の間、あなたはマイケルになって、夢を叶えなさい。


その映像がこれです。
マドンナの兄貴、泣かせるでヤンス。



夢を叶えている瞬間、彼は何を思い、踊っていたんでしょうか?

マイケル、間違いなく降臨してますね。

そう、DVDで済まそうと思っているあなた。
劇場で観ておいた方が良いですよ。
リハーサル映像といっても、音はコンソールに入った音が出てるので、非常に良いです。
劇場にも寄るでしょうが、シネコンが近くの方は是非!
あの音圧と迫力はやっぱり家では無理ですね。

Comment
・見たかったですねー
思いっきりMTV世代の俺としては、マイケル、マドンナを軽く見ていた時期がありました。
同い年のプリンスがあんなにクリエィティブな音を叩きだしてたのに。

音楽にハマるきっかけがテクノポップ。パンク、ニューウエーブなんで、マイケルは俗と思ってました。

けど、スリラー、badの格好よさは理解不明で、当時のテクノロジー、アレンジメント(主にクインシー、ベィビーフェイスなど)がこぞってマイケルの為に身を呈していたにが、今解ります。
彼はエンターテイメントとして最高の仕事をいつも身を削って、我々に見せてたのですね。

今年も、もう終わりなんで改めていいますが。R.I.P
2009/11/23(月) 22:03:36 * URL * marumaru #Nuc7B5tA[編集]
・>marumaruさん
This is it良かったですよ。
私も学生の頃はそんなに良く知りませんでした。
どっちかと言うとメジャー過ぎて知ってはいるけど、あんまり聴いてない印象の方が大きいです。
marumaruさんのリマスター版を聴いて再認識した所も大きいです。
ありがとうございます!
2009/11/24(火) 13:05:39 * URL * zuka #N531cWSs[編集]

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://dubmagic.blog9.fc2.com/tb.php/289-178ad706
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。