革と響きが生みだすチカラ
dubmagic
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さおだけ屋はなぜ潰れないのか うちもそう思われてる?
2005年10月12日 (水) 03:03 * 編集
封筒を買いに行った近所の本屋さんで店頭に平積みされてたのを
見て、ついつい買ってしまいました。

さおだけ屋はなぜ潰れないのか

この本、100万部も売れているんですね!

この本を手にとった人の多くはタイトルにグッと来たんでしょう。
そう、私もその一人です。

内容は会計の立場から易しく書いてあるので、会計が苦手な私みたいな者
でも、すぐに読み終えます。

この本を読んで思ったことがあります。

近所の人から良く言われるんですが、私のお店がある建物は今まで、1年と
長続きしない場所だったらしいです。

「今まで、この場所は何をやってもダメだったのよねー」

こんな感じです。

皆さん、悪気はないんでしょうが、最初の頃は結構ショックでした(笑)

「そんな話、聞いてないよー」って感じです。
うちの前はお弁当屋さんか何かだったらしいですよ。

私がこの店舗をお借りするようになってから、道は片側2車線になったし、
外壁も何百万もかけて大家さんが直してくれたし、環境も変わってるんです
けどね。

車の往来はかなりあるので、うちのお店も通りがかりの人たちに

「あの店は、やっていけているんだろうか?」

こう思われてるんですかね?

この本にもありましたが、うちの場合も、店舗+インターネットの販売があるので
やっていけているのかもしれません。

おかげさまで、全国のお客様に支えて頂いております。
本当にありがたいです。

コストを重視すれば、ネットだけで始めた方がリスクは少ないと思います。
実際、このお仕事をしてる人で、このスタイルの人は多いです。

私が、なぜ最初から店舗にこだわったのかと言うと、店舗を出すことによって、
ネットをご利用して頂くお客様にも安心してお買い物をして頂けると思ったからなんですよ。

私がこの仕事を一生の仕事として始めた心意気とでも言うんでしょうか?

「私は逃げも隠れもしません、どうぞ安心してご利用ください」とお客様にお伝えするとともに、自分にも「易々とあきらめないで、頑張れ!」とプレッシャーをかけていたのかも知れませんね。

11月で2年になります。

ホント、早いですね。

最近、うち(dubmagic)が進んで行く道の様なものが分かってきました。
新しい素材も揃ってきて、現在試作、テストをしています。

面白い素材も入ってきてますよ。

昨日は本格派、フルベジタンニンなめしのアニリン革で作った名刺入れを
全6色分作っていました。
現在のエンベロープ型の名刺入れを、よりシンプルにデザインし直しました。
引き算のデザインですね♪

明日(今日?)写真を撮って、WEBページを作ります。

お楽しみに!
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://dubmagic.blog9.fc2.com/tb.php/37-5a475845
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。