革と響きが生みだすチカラ
dubmagic
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
興奮する素材。
2006年01月31日 (火) 11:42 * 編集
sozai


昨日は、前の日に眠れなくてずっと起きてたこともあり、久し振りに早く寝ました。
そうしたら、3時半に目が覚めてしまい、早朝シフトで仕事してます。

先日のレザーフェアで出会った素材が、お店に届きました。
タンニンなめしの革なんですが、とても柔らかく、むら染めの感じもとても気に
入っています。
色も、私が大好きなブルー、オレンジ、ナチュラルの3色ゲットしました。

今までは、割と小綺麗な素材を好んでセレクトしてきましたが、最近、タンニン
なめしの革を加工した時に出てくる、「ゆるさ」がとても気に入っています。

素材を見た時に、何か自分に訴えてくるものがあったんですよ。
なんか「呼ばれているような」縁を感じます。

素材を目にした時、「この素材であれを作りたいなー」と想像力をかき立てられると
とても興奮します。
この辺は、料理に携わるシェフの方も同じかも知れませんね。

私が好きな言葉「Creative juice:想像力で満ちあふれている状態」ですよ。

寝る前にそんなことを考えて、デザインのイメージをしているとワクワクして
眠れなくなってしまうんです。
実際に形にしだすと、また悩むことも多いんですけどね。

最初に形があって素材を探す場合と、素材が先にあって形にしていく場合、
いろいろとあると思うんですが、今回のこの素材にはモチベーションを「グッ」
と引き上げてもらえそうです。
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://dubmagic.blog9.fc2.com/tb.php/57-2a37fb5e
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。