革と響きが生みだすチカラ
dubmagic
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボール型シフトノブ
2006年02月07日 (火) 12:23 * 編集
shift


先日、どうやって成形しよか悩んでいた、ボール型のシフトノブができました。
先程、お客様が受け取りにいらっしゃったのでアップしますね。

ベースになった芯はこちらです。

3ピースのパーツで作ってあります。
円形の革を球体に馴染ませたものと、長方形の革を野球のボールと同じ縫い方で
手縫い縫製しています。
糸は麻糸で、私が赤く手染めした物を使っています。

この縫い方は、縫い目が交互になっていないときれいに見えないので、縫いながら
次の目の場所を決めて、革に穴を空けていきました。

最初、あらかじめ穴を空けておいたら、段々位置が狂ってきて変な感じになっちゃ
いました。
縫い目が程よい抵抗になって、気持ち良さそうですよ。

革を球体にどうやって馴染ませていこうか色々と考えた結果、家庭で使う、ある物
がとても良い結果をもたらせてくれました。
このために木型を作ってた、凄いコストがかかっちゃいますからね。
人間、考えれば何か答えが出るモンだわーと、変に納得してしまいました。
Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://dubmagic.blog9.fc2.com/tb.php/62-1a92b897
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。