革と響きが生みだすチカラ
dubmagic
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/11のツイートまとめ
2011年11月12日 (土) 08:14 * 編集
dubmagic_zuka

映画「グラン・トリノ」を思い出した。
11-11 02:40

その道を習得した者は「師」と呼ばれる。たとえどんなに優れた師であっても死からは逃れることは出来ない。どんなに優れた師であれ自分が生きている間に全てを成すことは難しい。ただ1つ無念を残さない方法がある。それが「継承」だと思う。これが出来れば死への恐怖も無念もない。また空に戻るだけ。
11-11 02:38

身の回りのツールはどんどん早く簡単になっている。それらをうまく使い新たな価値を見出すのが今を生きるコツなのかなと思う。変わるもの、変わらないものの組み合わせ。変わるからこそ「今」の価値を実感できる。根幹は変えずに積み上げる。それがきっと軸になる。対象が変わっても軸は変わらない。
11-11 01:35

反復はとても退屈に思える時もあるが、それを意識せず出来るようになると自分の中に染みてくる。一喜一憂せず粛々と進むことは容易くはないが、何かを成すためには必ず必要になる要素だと思う。簡単に習得できるものは簡単に追いつかれ真似される。険しい道だからこそ必要とされる価値が生まれる。
11-11 01:16

Sジョブズ氏が生前「弓と禅」を愛読していたことを知り驚いた。この本、私も数年前に読んだけどとても面白い本だと思います。理詰めのドイツ人が弓道を通じて禅の真髄に近づく話です。呼吸と反復から無を感じ理屈を超える世界を体現する様は物語としても面白い。何かを習得するには反復しかない。
11-11 01:09

Comment

・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://dubmagic.blog9.fc2.com/tb.php/738-1823a0f8
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。